banner

ディーゼル車に注目

中古車のディーゼル車に注目

中古車のディーゼル車に注目が集まっているのは、ガソリン車の燃費向上は素晴らしい物がありますが、どうしても燃料が高騰している現実で、軽油の価格との比較をする中でもやはり見直す材料となる様です。

燃費の良いガソリン車と、クリーンディーゼルを採用したある程度の燃費の車を比べると、燃費では負けますが、燃料費では10円から20円ほど差がありその差の部分で走行距離の穴埋め以上の費用を節約する事が出来ます。

中古車の現状を考えると、ガソリン車やハイブリッド車などが現在でも販売の主流として売られています。もちろん町中で走行している車もやはり、そう言った車が良く走っている事も現実としてあります。

中古車で購入する事は、新車で購入するよりも取得税などの税金面では費用がかからないので中古車で購入する方も沢山居る様です。新車で購入すれば、当然車の運転に関しても自分だけが運転するので、中古車のように先に誰が運転していてハンドルやアクセルなどに癖が付いている事の心配は全くありません。その事を嫌って新車でしか購入しないといった人も居る様です。

しかし相対的に考えてみても、中古車の方が価格の面からも安くさらにガソリン車ではなくディーゼル車の中古を狙っていけばその購入手段はさらにお得な費用の節約に繋がると考えられます。

電気自動車などの購入費用がもう少し安くて、家庭用充電機が手軽に充電出来たりすればその内電気自動車の時代がおとづれる可能性は有ります。しかし現在での課題はまだまだ先の話の様で、今の現状の事を考えてもなかなか上手くはいかない様です。

まだまだ開発段階の電気自動車に期待もしたい所ですが、やはり現状のハイブリッド車やガソリン車の燃費向上の方が先でその事でガソリン車も見直されている状況でもあります。

ディーゼル車も以前のタイプでは、排気ガスがひどくて環境に問題を及ぼすと言った事がありました。しかし今では、その課題も克服できてもちろん軽油での運転でどんな所でも出かけると言った事が出来ます。

現在では、自動車販売店の方も残価設定プランと言って3年や5年間で半分のローンを組んで残りを一括で返すと自分の物となったり、ディーラーに売却するとその残額は支払しなくても良いといったプランがあります。そのプランを適応している方は中古車ディーラーなどに残りの半分の金額を埋める為に売却するといった方法をとる事で半分以上の見積もりが出るとその時点で戻って来るお金も出来るかも知れません。

Copyright(c) 2014 中古車オークションの中古車購入の注意点All Rights Reserved.