banner

塗り替えに注意

中古車は塗り替えに注意です

新車と中古車のどちらを買うかといわれると、分別のある大人なら希望は新車だが現実的には中古車というでしょう。新車を購入すれば自分の好きな車を傷や使用感が全くないという状態で購入することができますが、一切値引きがないことが普通なので自動車のローンを組んで何年か支払い続けることになります。そのため資金に余裕のない方でないと中古車を購入することになるでしょう。中古車は一度人の手に渡ったものですが、それぐらいの負担で自分のほしい車が安く手に入るのならば、我慢するという方がほとんどでしょう。しかも気に入らないのなら中古の車を改造してしまえばいいのです。

しかし中古車というのは一度人の手に渡ったものですし、それをまた中古車販売店のほうが自分の利益となるように販売しているのですから、こちらが得をするようになっていないというのが基本です。そのため購入するという方はまず中古車の相場を知り、その相場をあまりにも低くなっているという車は内容がひどいことが予想されるので購入しないようにしましょう。

また普通の人であれば自分の車が傷を負ったり故障をしたりということがあればこれを隠そうとすることが多いですので、基本的にはいけないことだとしても中古車であればそういった危険はしっかりと見込んでいく必要があります。昔の所有者が故障を秘密裏に直していたり塗り替えを行って傷を隠していたような場合はまだいいですが、悪徳な中古車販売店となるとお店が故意に傷を隠すために塗り替えを行う場合がありますし、お店はこういった事実を購入者に告げる必要があるのですが告げないというところがあります。そのため騙されないためにはいいお店を探すことが必要になります。

いいお店というのはしっかりとした車についての知識を持っており、さらに誠実にお客のことを考えてくれているお店です。そしてそういったお店を探すという場合には、まずお店の前が清潔かどうかを確かめなければいけません。

お店が清潔であればそのお店はお客の立場に立ってものを考えているということなので、車の専門家としての押しつけ的な車の販売は行わないと考えることができます。

さらにお店に入った後は店員さんにいくつか質問をしてみて、その質問にどのように答えたのかや、答えるときの態度などを見ればどの程度の知識を持っていて、そこの店員さんがお客さんに対するどのような認識を持っているのかという子tがすぐにわかりますので、いいお店かどうかがすぐにわかります。

Copyright(c) 2014 中古車オークションの中古車購入の注意点All Rights Reserved.